口臭がきつい人に対しては、注意すべき?

「口臭がきつい。教えてあげようにも、本人には言いにくい。」こんなことって、良くありますよね。

口臭がきついと言うのは、家族でもかなり言いにくいことですよね。

でも、何も言わずに、本人と距離を置くのも可哀そうですよね。

相手を傷付けずして教えてあげられるのがベストですよね。

家族や仲の良い相手に教えてあげる場合

親しい相手に「口臭がきつい。」と言うと、傷付けてしまいそうな感じがするかも知れません。

こんな時は、まずは、自分のこととして話してみるのはいかがでしょうか。

「私って、口臭きついかも。大丈夫?以前、誰かにきついって言われたことあるんだよね。」と相手に言ってみてはいかがでしょうか。

「口臭=恥ずかしくないもの」と相手に思わせるのです。

親しい相手であれば、「私こそ大丈夫?」と返してくれるかも知れません。

聞かれたら、その時に素直に「ちょっときついかも。」などと指摘してあげれば良いのです。

口臭って、自分では気付かないことが多いですよね。本人が自覚すれば、何らかの方法でケアしてくれるかも知れません。

上司から部下に教えてあげる場合

上司から部下には、家族や親しい間柄よりも、口臭のことを言いにくいですよね。

でも、仕事では、口臭のケアを行うことは社会的なマナーとして教えてあげたいと思う上司もいるでしょう。

こんな時には、相手に直接指摘するのではなく、まずは、個人面談やマナー研修のような形を取って教えてあげてみてはいかがでしょうか。

その際に、相手のことは決して指摘せずに、「お客さんを不愉快にしないために、特に注意してほしい。」と言うのが良いでしょう。

心配な場合には、「自分ではなかなか気付きにくいことだけど。」なんて言う言葉を足してみるのも良いかも知れませんね。

単刀直入に「臭う。」とか「気をつけなさい。」と言うと、相手はかなり傷付いてしまうでしょうね。

でも、仕事に関する説明、マナーの説明として言う分には、そこまで相手は傷付かないのではないでしょうか。

このページの先頭へ