口腔細菌と口臭

口腔細菌は口臭を発生することで口の中を守る?

口臭の原因となるのが口腔細菌です。

私たちの口腔には、数えきれないくらい多数の細菌が存在しています。

この細菌は、実は、悪さばかりをしている訳ではありません。本来の役割は、病原菌の侵入を防ぐことなのです。

口臭が発生したり、虫歯や歯周病などの病気を引き起こしたりするのは、細菌が病原菌と戦った結果なのです。

多くの場合、口臭の原因は口にあります。ちなみに、口が臭くなりやすい人と、そうでない人といるようですね。

前者と後者の違いは、口腔細菌が多いか少ないかにあるようです。

いずれにしても、病原菌から口の中を守ってくれる細菌を繁殖させないよう、普段から口に中をケアしておくことは重要です。

口腔細菌の発生する揮発性硫黄化合物とは?

口腔細菌は、揮発性硫黄化合物を発生することで口臭を発生します。

揮発性硫黄化合物には、メチルメルカプタン、硫化水素、ジメチルサルファイドなどの成分が含まれています。

メチルメルカプタンは魚の腐ったような臭い、硫化水素は腐った卵の臭い、ジメチルサルファイドは生ゴミの臭いがします。

口腔細菌は、酸素が少ない状態を好み、揮発性硫黄化合物を発生します。

つまり、口臭が発生しやすい環境は、口が乾燥して唾液が粘っこい状態なのです。

それから、「口呼吸で酸素を補給すれば良いのでは?」と思うかも知れません。でも、それが逆効果なんです。

口呼吸は、かえって口の中を乾燥させて唾液の分泌を減少させます。

酸素を口の中に提供するには、血行を良くすることが重要なのです。

血液には、酸素や体に必要な栄養を運搬する働きがあるのですから。

口の中が乾燥しやすいタイミングには、起床時、空腹時、体調が優れない時、食後、生理中や妊娠中、口呼吸をしている時、ストレスや緊張感がある時、加齢などがあります。

こんな時には、水分補給をこまめにして、血液の循環を少しでも良くするよう心掛けましょう。

このページの先頭へ