空腹時の口臭

空腹時に口臭が発生する原因は?

口臭が発生するタイミングには、空腹時があります。

特に物凄く空腹を感じている時には、「口臭があるかも。」と思うことはありませんか。

ごく当たり前の口臭とは言え、人を不快にする恐れもあるので気になってしまいますよね。

空腹時の口臭には、まずは、口臭を抑える効果のある唾液の減少が原因となることがあります。

唾液は、食事の最中はたくさん分泌されているのですが、食事から時間をおけばおく程、減少してしまいます。

それから、空腹時は、膵液が胃で分解されることによって発生するガスで、口臭が発生することもあります。

空腹時の口臭の対策法は?

空腹時の口臭が気になる場合には、ごく当たり前のことですが、空腹を改善すれば良いのです。

とは言っても、仕事中で食事を摂る訳にはいかないこともありますよね。

その上、会議や打ち合わせで人と話す機会があると、話すことを遠慮したくなることもありますよね。

こんな時には、コップに2杯分くらいの十分な水分を摂取してみてください。すると、胃から発生する口臭をある程度抑えることが出来ます。

また、空腹時の口臭は、間食をすることでも改善することが出来ます。

空腹時の口臭は、ちゃんとご飯を食べていても、食事から2~3時間後に発生することがあります。なので、食後2~3時間くらいに間食をすれば良いのです。

ただ、この時に甘いものを食べ過ぎてしまうのも、かえって口臭を誘発してしまう場合があるので気を付けましょう。

間食の内容としては、胃に負担をかけないヨーグルトやフルーツなどがお勧めです。

ガムをよく噛むことも、唾液の分泌を増やすことが出来る上に、噛むことで満腹中枢を刺激することが出来ます。

口臭も空腹感も解決できて、一石二鳥な対策法ですよね。

この他、水分も間食もしない方法としては、歯を噛みならしながら舌を回します。

すると、唾液の分泌が良くなり、口臭を抑えることが出来ます。

空腹時の口臭を抑えるためには、このように唾液の分泌を良くすることを考えれば良いのです。

このページの先頭へ