社会的なマナーとしての口臭のケア方法は?

口臭は、自分だけの問題ではありません。周りにいる人を不愉快にします。

社会的なマナーとしては、口臭のケアは当たり前のことですね。

口臭のケアは、ガムやタブレット、サプリメントを食べるだけでも、一時的なケアになります。

一時的なケアよりも、根本的なケアが出来ているに越したことはありません。

でも、努力しても何ともならないこともありますよね。こんな時には、せめて一時的なケアだけでもしておきましょう。

社会的なマナーとして、どんな口臭ケアをすれば良い?

もっともお勧めなのが、ガムを噛むことです。ガムの中には、シナモンやキシリトールなどのような口臭の改善効果が期待できるものがあります。

シナモンは、口の中の細菌を除去する効果があるようです。そして、キシリトールには、細菌の拡散を防ぐ効果があると言われています。

しかも、代用甘味料なので、砂糖は使用していません。虫歯の心配もなく、安心して食べられますよね。

さらに、ガムは、何度も噛むことから、唾液の分泌をよくする効果もあります。

1つのアイテムで、こんなにも口臭の改善に良い効果が期待できるのです。

一時的なケアにも、根本的なケアにもなって一石二鳥です。コンビニでも100円程度でお手軽なガムもあります。

まとめ買いで600円前後のものもお得なので、1ケース鞄に忍ばせておくと良いかも知れませんね。

それから、食事の後は、必ず歯磨きやうがいをしましょう。歯磨きは、朝と夜は歯と歯の隙間、歯と歯茎の境目もきちんと磨きましょう。

昼や間食の後の歯磨きに関しては、簡単にしておくだけで大丈夫です。

また、人と会う時には、ガムだけではなく、お茶や水で口の中の水分を補うことも、口臭をごまかすのに効果的です。

ただ、ジュースなどの糖分の多い飲み物は、虫歯や歯周病の原因を作ってしまうので、糖分を補給したい時以外は控えましょう。

水分補給は、こまめに行う癖を付ければ、十分に根本的な口臭対策にもなります。

このページの先頭へ