内臓の病気と口臭

人の口臭があまりにきついと感じた時には、「あの人、内臓の病気なのでは?」と思うことがありますよね。

実は、口臭は、内臓の病気によって発生することもあるのです。

口臭にもっとも多い原因は、口腔の以上と言われていますが、口腔に異常がない場合には、内臓の病気の可能性があります。

口臭で胃腸や肝臓の病気、がん、糖尿病などを見分けることも出来ると言われています。

「自分って臭うかも。」と思った時はもちろんのこと、他人から指摘された時に、小さめのコップで口を塞いで息を吐いてみましょう。

この息の臭いによって、病気を見分けることができるかも知れません。

どんな口臭だと内臓が危険?

まず、硫黄の臭いがするのが、胃腸の機能が低下した時の口臭の特徴です。

摂取した食べ物の消化や吸収が上手くいかないことで、残った食べ物が腐敗を起こします。

この時に硫化水素が発生して血液内に侵入し、肺に達して口臭として吐き出されることになります。

それから、アンモニア臭がするのが、肝臓が機能低下した時の口臭の特徴です。

肝臓は、有害なアンモニアを無害な尿素に変える働きをしています。

ところが、肝臓の機能が衰えると、アンモニアが尿素に変えられずに肺に運ばれてしまうのです。

糖尿病の場合には、「ケトン臭」とも呼ばれる酸っぱい臭いがすると言われています。

糖尿病なると、糖をエネルギーに変える機能が低下して、ケトン体が脂肪を分解します。

この時に発生する臭いが、口臭に反映されるのです。また、口臭の原因は、内臓の病気と同時に、病気による口の中の乾燥も考えられます。

口の中の乾燥で細菌が繁殖しやすくなり、歯周病にもなりやすくなります。

なので、出来ることなら、毎日健康的な生活習慣を心掛けて、このような病気を予防できるのがベストですよね。

ただ、なってしまった病気に関しては、「少しでも口の中を乾燥させないように」とか「口の中を清潔にするように」と言う努力は大切ですね。

このページの先頭へ