緊張やストレスによる口臭

緊張やストレスで口臭がするのは何故?

緊張やストレスで口臭が発生する原因として、まずは。唾液が減少することが挙げられます。

例えば、大事なイベントやプレゼンテーションの時に、口がカラカラで話しにくくなってしまうことはありませんか。

これが、まさに緊張やストレスによる口の乾燥なのです。

また、緊張やストレスがある場合には、ねばねばした唾液が出ることが多いものです。

この唾液は舌の下にある舌下腺から分泌されていて、「ムチン」と言う糖タンパク質が含まれています。

口の中の細菌が、このタンパク質を餌にして増殖することで、臭いを発するのです。

緊張やストレスによる口臭は、どうやって無くせば良い?

緊張やストレスによる口臭は、あくまでも一時的なものです。緊張感が無くなれば、口臭も無くなります。

ただ、ストレスに関しては、「ストレスを無くせば。」なんて言う訳にはいきませんよね。

社会に出て働いている以上は、全くストレスを無しにすることは難しいでしょう。

なので、口臭自体の対処を行いましょう。口の中を常に唾液で潤っている状態にするのです。

そのためには、1日3食きちんと食べること、こまめに水分を補給することが大切です。

それから、社会人のマナーとして、自身で口の中のケアはきちんとしておくことも大切ですね。

食後の歯磨きは心掛けましょう。ガムやフリスクなどで口臭対策を行うのも良いでしょう。

これらは、口臭に限らず、噛むことで口臭を抑える効果も期待できます。

また、ストレス対策もした方が良いですね。時間のある時で大丈夫なので、適度な運動を行いましょう。

運動は、精神的ストレスを肉体的ストレスに置き換える効果があります。

さらに、肉体的ストレスは、十分な睡眠を取ることで解消することが出来ます。

運動の他には、自分の好きなことや趣味などを楽しむ時間を作ることも、ストレス解消に効果的です。

ストレスを無くすのではなく、ストレスと上手く使う方法を考えましょう。

このページの先頭へ