口臭と食べ物

口臭は、食事で食べたものに原因があることは多いものです。

口臭は口の臭いですから、口を通るものが臭っていれば、臭う可能性もありますよね。

口臭の原因となりやすい食べ物は?

口臭の原因となりやすい食べ物には、主に刺激物や嗜好品があります。

  • アルコール、コーヒーなどの飲み物
  • キムチ、ニンニク、焼肉、餃子、にら、ネギなどの刺激物

これらの食べ物を口にした後は、自分でも「口臭があるかも知れない。」と思うことは多いでしょう。

食べ物による口臭は、消化・吸収される時に、臭いも一緒に血液中に入ります。

血液は全身を循環するので、当然肺にも入りますよね。肺に入れば、当然口にも入ります。

血液中の臭いの分子が多ければ、口から吐く二酸化炭素と一緒に臭いまで出て行ってしまいます。

口臭の改善に効果的な食べ物は?

口臭の予防に効果的な食べ物には、まず、糖分の含まれていないプレーンヨーグルトがあります。

ヨーグルトに含まれている乳酸菌には、口の中の細菌の増殖を抑える効果があります。

しかも、口臭の原因となりやすい腸内の善玉菌を増やして、腸内環境を整える効果も期待できます。

歯磨きする前に、食事として摂取する方は多いですが、歯磨きした後に食べるのもお勧めです。

それから、フルーツの酸味は、口臭を抑える唾液の分泌を促進してくれます。

リンゴは、虫歯予防にも良いと言われている果物ですよね。

パパイヤやパイナップルのような南国産のフルーツには、タンパク質を分解する酵素が含まれていて、口臭を発生させる舌苔を除去する効果もあるようです。

ところで、酵素と言えば、生野菜にも豊富に含まれていますよね。

野菜には、食べ物の消化や吸収を助けてくれる酵素が豊富に含まれています。

胃や腸を正常に機能させることが出来れば、内臓の不調による臭いは防ぐことが出来ますよね。

野菜の食物繊維も、腸内環境を整えることで、腸から巡ってくる臭いを抑えてくれます。

さらに、硬めの野菜は、噛み砕くことで唾液の分泌を促進することが出来ます。

このページの先頭へ