口臭を予防するために気を付けることは?

口をとにかく清潔な状態にすること

口臭を予防するためには、まずは、口を清潔にすることを心掛けましょう。

口臭の原因になるのが、食後に口の中に残る食べかすです。食べかすが腐敗すると、口臭が発生します。

食後は口の中に水を含ませて、舌を口の上にすりすりと擦りつけます。そして、飲みこみます。

これを舌がスッキリするまで繰り返しましょう。

それから、虫歯や歯周病などの口の病気を防ぐために、食後の歯磨きを心掛けることも大切です。

歯磨きは、名前の通りに歯の表面ばかりを磨く方が多いでしょう。

でも、歯だけではなく、歯と歯の間、歯茎にも食べかすが残っているのです。

歯と歯の間、歯茎と歯の境目に歯ブラシを入れることも意識してみましょう。

ちなみに、歯磨きの際に、虫歯や歯茎の腫れはないかを自身でもチェックして、歯の定期検査を受けることをお勧めします。

歯医者さんでは、虫歯や歯周病の発見、治療だけではなく、虫歯や歯周病の原因となる歯垢や歯石を掃除してくれます。

歯垢や歯石は軽視されがちですが、歯医者さんでは、自分では取れない歯垢や歯石を取ってくれるので、口の中を清潔に保つにはお勧めです。

口が乾燥しないようにすること

「口が乾燥すると臭い。」とよく言いますが、本当にその通りです。口臭を防ぐためには、とにかく口の中を潤すことが大切です。

唾液には、口の中の細菌の繁殖を抑えたり、食べかすを腐らないようにしたり流したりする効果があります。

唾液の分泌が少なくならないようにすることです。

ガムの中でも、ミントのような爽快感のあるものは、とても人気がありますよね。

とは言え、ミント自体には、唾液を増やしたり、口を潤したりする効果はありません。

ガムを噛むこと自体が、唾液を増やしてくれるのです。

口の中を潤すことと水分補給は別物のように考えられがちですが、実は、こまめに水分を補給することは口の中を潤してくれます。

一気にたくさんの水分を摂取する必要はありません。1日2リットルを目指して、こまめに水分補給しましょう。

このページの先頭へ